今、この瞬間

今日は、引っ越し前、幼馴染たちと最後の外遊び。

子どもたちは、一面に広がる原っぱと低木の中、いろいろな遊びを見つけ出しては、大声で笑い合う。

子どもたちの目が楽しそうに輝いている瞬間、子どは心底遊びに没頭している。

そんな子どもの瞳が、眩しい。

人は集中すると瞳孔が開くという。

子どもたちは遊びに集中すると、瞳孔が大きく広がり、光の反射率が高くなって、瞳がキラキラ輝くように見える。

そんなわけで、眩しいのは物理的にも眩しかったりするわけだけど。

ヨガはマインドフルネス。そういうことを聞いたことがあるかもしれない。

マインドフルネスとは、今、この瞬間に集中している心の在り方。

ヨガでは呼吸や体に意識を向けることで今に気持ちを向けておく。

でも、ヨガをしている私より、今、瞳を輝かせて遊んでいる子どもたちのほうが、もう自然にマインドフルネスができていると思う。

よく、子どもって何にも考えていなくて幸せだよね、なんてことを聞くけれど。

それはほんとその通りなんだけれど、少し言い方を変えると、過去にも未来にもとらわれず、今に注意を向けまくっているので、今がすべ

てで考え事にとらわれていない。

脳は、今を生きているときが一番消費エネルギーが少ないそうだ。

ヨガをしてすっきりしたり、好きなことに没頭して元気になったりするのは、脳を休めることができていたという物理的な理由があるから。

私たちの頭の中は、だいたいいつも思考でいっぱい。

幸せな夢、楽しかった記憶だったらまだいいけれど、人の思考はどうやら過去の後悔・未来の不安にとらわれやすいらしい。

そんなときの脳は、過去の情景を思い浮かべ、現実ではない未来をシュミレーションし、エネルギーをかなり消費中。

子どもには過去の記憶が少ない。

未来への想像は、過去の記憶をもとに作り出されるから、未来へ思考をつなげることも少ない。

子どもは今に生きることがとっても得意で、今に生きるとものすごく元気でいられるんだぞ!といういいお手本だなぁと思う。

そんなわけで、私は今に意識を向ける大切さをヨガで伝えています。笑

それが、自分は何もなくても元気で幸せだ、と気づくために必要な手段だと思っているからです。

今にしか、私は生きていない。

どんな過去も、未来も、今には存在していない。

存在しているとしたらそれは頭の中にあるだけで、その時間が目の前にあるわけではない。

私にあるのは今、この瞬間だけ。

今に生きているとき、私にあるものは何か。

楽しいことに没頭しているとき、思考は過去にも未来にもなく今にある。

その瞬間、実はとても元気で幸せであることに気づかないだろうか。

どんな過去を持っていようとどんな未来を思い描いていようと、そしてそれらが全部なくても、自分は元気でいられるという気づき。

それが、私にこれからの道を歩いていく自信を与えてくれる。

子どもと一緒に歩く未来が、元気で幸せであることを願って、時々は思考を離れ、意識を今、ここに。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
かすかなグロー

ソーシャルメディア公式アカウント

  • YouTubeの
  • Facebook
  • Instagram
LINE_APP.png

© 2020 オンラインヨガサロン やさしい花